エレクトラグライドと何処までも2

★to the ends of the earth ★ バイク乗りは地球の果てまで走り続ける

クシタニ ワーキングブーツのリペア

2015年に購入したクシタニワーキングブーツ。お気に入りで、5年間履き続けてきた。
ツーリング先でのトレッキングには持ってこいなのだが。さすがにすり減ってリペアに出したのだ。
出来上がりは上々、 この先5年もこのブーツでいくぜ。

スポンサーサイト

志賀草津ツーリング2017

本編は、三重から参加したよしさんを迎えて、roadkingさん、僕の3人での志賀草津ツーリングの記録である。
2017年某月某日、野辺山駅10:00集合、30分早く着いたら、よしさんroadkingさんは到着していて笑顔が待っていた。
此処から北上して佐久、軽井沢を抜け志賀草津道路 渋峠、国道最標高地点を目指すのである。
天候は晴れ曇り雨と猫の目の様に変わり、カッパを着たり脱いだり。晴れれば暑く、カッパを着ればムンムン蒸し、耐力を使った。
その分、ロケーションは最高、高低差あり、大小カーブ有り、街並みを抜け、高原を抜け、高級別荘地を抜け、山岳ルートを抜けるこれまた変更に富むコースとなった。















今更ながら、LEDウインカー

ウインカーカスタムを行う。選択基準は小型化とすてきなデザイン。
LEDウインカーはキジマ、合わせて2極タイプのコンデンサ、ワイヤーコネクタスズキ用、ウインカー取り付けプレート。これだけ準備すれば交換は出来た様なものだ。
ウインカーの種類は多いがユーロ物、リゾマなどさすがに目を惹くデザインでカッコイイのだが、車検に対応する為には表面積が必要との事、まあ現品も十分に小さいので良しとする。
正面ビュー




ワイドステップ

SWモテック社製のワイドステップに変更した。
じつはツラーテックからもワイドステップが販売されていて、先にそちらを手配したのだが、納期2ヶ月待っての回答が生産時期未定。
殿様商売をしていらっしゃる会社という事が理解出来たので、発注キャンセルして。SWモテックを手配し直して1月待ち、、やっと手に入れたのだ。
余談になるが、オフ車に置いてワイドステップ化は一般的だが、近年ハレーのクラブカスタムにおいてもワイドステップ、ステップボード化されたパーツが出てきている。いずれにせよロングを馳ける時には変更しておいて損の無い部品である。

ミシュラン ツアランスネクスト

タイヤ換えたぞ。前回のアナーキーワイルドはカッコよかった、しかしせっかくのブロックタイヤを99%アスファルトで消費してしまった。まあ、最初から想定していたとうりではあるが。
今回は方向性を換えてメッツラーのツアランスネクストである。エンデューロタイヤとして売っている、耐久性と、雨中性能の高さが特徴となっている。
外見は普通、ブロックの男前とは比べ物にならないが、耐久性に期待したい。家計に優しいタイヤであって欲しい物です。
フロント

リヤ

タンクカバーを黒M塗装

くちばし、ヘッドライトカバーにつずきタンクカバーを黒M塗装する。
塗装のコツは缶スプレーと対照との距離をたもって塗る事、フワッと塗料を乗せる感じで、最初は梨地ですが、何回か重ねると次第にしっとりした仕上がりになってきます。重ね塗りでヌメ感まで出せるのですが、やり過ぎると垂れます。
もちょい欲しい所で止められるかが鍵になります。
さい後の一塗りを我慢出来るかが、成否の原因と言っていいでしょう。
果たして、2回目は垂れは出さなかったものの、逆にザラつきが残ってしました。どうしたものか。
コンパウンドで磨いてみるか、、、プロにアドバイスもらうのが一番。師匠の所に行ってみよう。


ミシュラン アナーキー ワイルド所感

ミシュラン アナーキー ワイルド いいタイヤです。
高速使ったオンロードのツーリングでも純正タイヤと比べても問題無く使えてました。
所が最近ブロックの付け根に亀裂が発生しさらに進化して広がっているのです。
228kg 100psで調子にのってフル加速を繰り返しているとブロックタイヤがもたないようです。
タイヤの山も少なくなり寿命も近い事もあり、アスファルトで元気に使った場合どうなるのか確認して見たかったのだが、結果としてはオフ用ブロックタイヤ。オンで元気に乗ると、片減り(前輪)、ブロック付け根に亀裂発生(後輪)し易いです。
写真:後輪


写真:前輪


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ オープンカーへ
にほんブログ村

VストロームにヒールテックのXーTREボックス

ヒールテックエレクトロニクスXーTRE パワーボックスを取り付けました。
どんなパーツかといえば、スズキ車の場合1、2、3速、低速ギアにおいて点火時期を調整して出力を下げている機種があります。
レスポンス良過ぎも疲れますからね。
それを、たとえギアが何速でも好みのギアのプログラムを利用出来る信号を送るメカです。

私の場合、低速のフルパワー、ドッカン加速を期待するのではなく、
Vストロームの低速での突然のエンスト癖の対策。信号左折や、鋭角コーナー、ダラダラ渋滞での半クラッチ使用の減少による疲れの削減です。

価格16,632円で上記が可能か?日本語インストールマニュアル有りで、半日かけて昨日導入完了しました。後は梅雨の晴れ間を見て試乗確認ちゅう。^_^


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ オープンカーへ
にほんブログ村

クロスカブにジビ アルミBOX

ジビのワンタッチ取付台が余っている。Vストロームがモテック社製に交換したせいである。
これをクロスカブに取付ようと思う、ジビアルミBOXをバイク2台で共用使いが可能となるのだ。
もちろんジビの取付台はクロスカブ用ではないが、荷台に現物合わせで穴明け、100均のステーを利用すれば付かないはずがない。
写真参考、と言うわけでがっちり取付きました。箱を付けると、そこはかとな無い高級感に溢れたカブに変身!


赤城林道ツーリング

先週の日曜はフレイム(バイク屋の)林道ツーリングに参加してきた。久しぶりのオフロード、
林道初心者としてはVストロームを林道でさばききれる自信も無く、軽量級クロスカブでの参加とさせていただきました。
フラットダート、一部ガレた坂有りのコースと、半日の時間設定は初心者級には適度なもので、充実した日曜の午前中を過ごしました。