エレクトラグライドと何処までも2

★to the ends of the earth ★ バイク乗りは地球の果てまで走り続ける

ラ フェスタ ミッレミリア2017

今週、10月13-16で行われるクラシックカーラリー。原宿スタートして新潟県の上越市で折り返し、1都7県を経由し日本横断する。
飾って展示してるのでなく、一般道をエキゾースト音を響かせて走ってゆくので有る。
粋な遊びではないでしょうか。
これからのお金持ちの大人はクラシックスポーツカーを趣味でガレージに置いておく時代が来るかもね~。いいね~私は宝クジが当たったら考えよう。

スポンサーサイト

オーシャンキャンプに夜は更けて

10月カレンダーの三連休をキャンプざんまいで過ごした。久しぶりの友人と懐かし話題、初顔合わせの方の新鮮な話題をオカズにして、多いに飲み食い、走った。
関係の皆様 お疲れ様でした。たいへんお世話なりました。



買ってはいけないミディシートの理由

クロスカブ用のミディシートについて、座り心地堅いの他にも欠点が何点かある。
①吸盤の微妙な位置ずれ、エア漏れてシートが吸着しない。
②幅が細めにできてるが、内側シートとサイドカーが干渉して、キュッキュッと音する。サイドカバーキズ対策が必要。

③リヤショックの取付部にシート下面が当たる。シート生地が破れるのは時間の問題だろう。

④決定的なのがヒンジのアンカーボルト強度弱い、強めに開けるとボルトが抜けた。
写真はワッシャーを追加して軟質プラスチック系ボンドで接着して見たものの、所詮強度が足りてない、設計、品質共に劣っており積極的購買をお勧めしません。

バイクはタイヤ次第 クロスカブ

7000kmを超えたところで、タイヤ交換次期となった。
ニューはミシュランM35。
工賃込みで前後で2万円以下、エコでかつクラシックな外観、チョイ乗りな感じでは乗り心地もコーナーもチェンシンよりいい感じです。

チョコとおしゃれ、エアバルブをムーンに。同じ黄色がカワイイ。

クロスカブ リヤフェンダー改造

JA07のフェンダー仮組みした所までが前回、今回は色塗りと本組み最終工程までです。

PP材料への塗装ですが、PPの場合下手にペーパーかけると毛羽立ちます、
①したがい下地処理はプライマーの性能次第と言う理由です。選んだプライマーはミッチャクロン、塗料はイサムのウレタン塗料、管スプレーです。色は黒、黄色で本体と色合わせは無理でしょう。
②サクッと塗装、乾燥を確認して組み付けて完了です。
後ろ姿がナロウな仕上がりとなり、とってもステキ。カブは角ばってるより曲線が似合うとおもいませんか?
色を黒にしたせいか、改造前後で違和感無し、悲しいかな気ずく人無し。バイク屋さんですら 「あーっそうだったんですかって」、、、悲しい。



バイク用ナビとホルダーを考える

高速道で飛んで行った私のナビ、パナソニックのゴリラは基本車用、ホルダーにナビを差し込む作りだった、バイクの振動には耐えられなかったのだろう。前回のツーリングで高速の段差を拾った瞬間、ヒラヒラと後方に消えていってしまった。
ここで、携帯ナビと専用ナビの二台体制のVストリームはすぐには困らないが、携帯が落下しないようなナビホルダーを探してみよう。
条件はもちろん振動に強い事、付け外しが楽。
今回のアイテムはラムマウント。
と言えば、かって流行り始めたGPS、ヌビをバイクに取り付けて遊んでいた時代のマウントメーカーです、一周回ってふりだしに戻た感。
デジカメが携帯に代わったと同様、専用ナビも不要、携帯で充分な訳。
最新地図とナビのアプリと防水携帯が簡単に入手できる時代になった、という事。

JA07フェンダー固定

ネット検索すると車体とフェンダー固定には、コの字金具新調またはアイボルトを利用してる例があります。
あれこれ悩んだ結果、写真参照、追加部品無し。
ストップランプの固定金具にサンダーでスリットを左右に入れ、真ん中をトンカチで叩いて車体と角度を合わせます。固定用の長穴も追加しておき、ボルト固定します。
ガッチリ固定できました。

クロスカブにJA07カブのリヤフェンダー

中古品をポチッたのが届いたので、さっそくに当てがって見る。
届いた07カブのリヤフェンダー関係のパーツ。

本体のバラ状態。

(見えない所の溶接が汚い、付いてるだけじゃねーの、ホンダは国内に戻してよかったね、中国は酷かった、最後カブプロはエンジン交換だよ、あり得ないよね。)
話は飛んで、仮組みの状態、固定方法を思案中。
夜も更けて参りました。今日はここまで。

ミディシート その後

ミディシートで日光まで散歩ツーリングしてきました。
戦場ヶ原から高徳牧場、山王峠を越えて川治温泉、日光の周遊コース。峠はすでに紅葉が始まったいた。

問題はミディシート、1日乗って見た結果、ポジションの自由度は高いのだが、どこに座ってもケツが痛くなるのである。スポンジが堅い。
純正クロスカブのシートの良さを再認識する結果となった。帰宅後もちろんミディシートは外して、純正に戻してしまいました。
ミディは座り心地対策が必要、スポンジを張り替えないと。表皮も安っぽいビニールなのでこれも張替えだな、って事は使えるのはベースだけ?、、、しばらく方向性検討、静観の予定。

クロスカブにプロ用ミドルスクリーン

本来SPCー13Cはカブプロ用でクロスカブには付きません。との事でしたが、私のには問題無く装着できました。
もっともメーターマウントはノーマルじゃないので、(ノーマル車はどうかは定かではありません。あしからず)
さて装着後の感想ですが、風圧に耐える為にハンドルにしがみ付かなくても大丈夫になります。
冬の防寒対策品だけじゃなく、夏も必需品です。