FC2ブログ

エレクトラグライドと何処までも2

★to the ends of the earth ★ バイク乗りは地球の果てまで走り続ける

ガレージ床を塗装する

それらしくなって来たガレージではある、次の作業はコンクリート床である。経年変化でカビ、オイル汚れタイヤ痕などで汚なくなって来たのを綺麗にしようという作戦である。
塗料選びが難しい!期待する仕上がりは、あくまで素のコンクリ表情。白だの緑の色付けは避けたい。
最終的にはカンペのハピオシール浸透性防水剤、となった。メーカーいわく色は透明、浸透性で効能として防カビ、防水、防食、汚れ防止となっている。

施工前:
ワイヤーブラシと高圧洗浄器でクリーニング済み。

施工後:
浸透し乾燥したら表面は施工前後で違いはほとんど分からない。逆に塗り残し部分の区別もつかないぐらい!
これで防カビ、防汚になるのか?不安。



にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

大洗ツーリングとポジション調整

大洗の漁協直営 かあちゃん食堂が人気だそうで、一度行かなくてはと思っていました。
行きは太田藪塚から大洗まで高速で移動、10:30には現地着。
二色丼を注文、新鮮かつボリューミーな丼をたいらげて、店外に出れば早くも人並の列が始まっていた。



前傾ポジションが逆流性胃炎の引き金となりやすい、楽な姿勢に調整したい。とは言え出来る範囲内となるとハンドルのクランプを緩め、角度をかち上げ気味に取付た程度であるのだが。。。
そうするとクラッチ、ブレーキホルダー取付調整も必要となる、とくにブレーキホルダーは位置決めダボが出ているのでハンドルに穴を追加して対応した。
改善されたような?これ以上はハンドル交換か?しばらく様子見ですね。



にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村

ボンネビル アルミサイドカバー デザイン変更

自作アルミサイドカバーの件、実を言うと右側も作ったのだが、両側付けると目立ち過ぎる!デカいのだ。当初ゼッケンプレートを兼ねたつもりだったが、それが敗因!そこで最少を目指しリデザインしたのが下の写真。


サドルバックは右側に移動した。


にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村

ETC移設 ーカスタムシート変更に伴い

カスタムシートはリヤシートとフェンダーの隙間がなく。逆にフロントは隙間があり、こちらにETC本体を設置する。方法は難燃内装材を入れ2階建てにして、固定はマジックテープとヒモ。

にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村

サドルバック取付

何故アルミのサイドカバーをハンドメイドで
わざわざ作ったかというと。。。
じゃじゃーん


サドルバックを付けたかったから!
入れるのはパンク修理道具とか、工具とか、常備部品。
中長距離やキャンプの時はこれにサイドボックス、シートバックなどが適宜加わることになる。
だからアルミサイドカバーは左側のみ作成。

にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村



アルミサイドカバー

サイドカバーをアルミ板で作ってみよう!
先ずはデザインを決める。ダンボールをハサミで切ってテープでつないで、形状を決める。
同時に裏側のステー長さも決める。


デザインが決まったら、材料を仕入れにジョイフル本田へゴー!
ステーをどう構成するか材料を見ながら思案する。
結局M6キャップスクリューとロングナットに落ち着いた。



にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村



カスタムシート

トライアンフ ボンネビルの純正オプションのカスタムシートがイイ。
デザイン、品質、使い勝手共に満足できる品物である。
シートは面積が大きいだけに、影響は大きくカスタム濃度は高く、テンションは上がりっぱなしとなる。毎日撫でまくっている。
一番のアピールポイントは タンク底面のラインとシート側面のラインが直線に一致したデザインだ、カスタム車らしいホリゾンタルなデザインが完成する。


切り返しのデザインに騙されやすいが、クッション厚み自体はほとんど変わらない、したがい座り心地は極端に変わる事はない。それよりも逆にドライバー側のシート高が数cm上がる為(ホリゾンタルデザインとするとためドライバー側はシート高アップ)コーナーのアクションがスムーズになってよりスポーツライクになる。
この商品の紹介で一部にローダウンシート、アンコ抜きシートなどとあるのは誤記である

リヤ側の形も必要十分まで追い込まれている、おかげでETCはバッテリー上に移動するはめとなる。焦げ茶色のシート生地にダイヤ模様のダブルステッチが如何にもな感じ。

にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村

ヘッドライトon-off スイッチ追加

試験結果からセル始動時にはヘッドライトをoffしておくとバッテリーには有効な事が分かりました。と言うわけでスイッチを追加します。
デイトナのヘッドライトスイッチです、トグル式。見るからに旧式なデザインですがボンネビルには似合ってると思います。
取付は従来のH4の球とカプラの間にかませるだけです。

さーて電圧チェックしてみましょう。
無負荷で13.08Vです、優秀、なんたって朝まで充電しておきましたからね。

バイクのキーをオン!
12.63Vに降下、0.45V降下しました。
がエンジンはかかります。

LEDポジションだけのフロント、綺麗です。これの方がいんじゃねー、ただし車検は通りません。ヘッドライトスイッチ自体がアウトとの事です。

ライトスイッチオン、ロービームを点灯すると。

続けてハイビームは、

エンジンがかかって間はほとんど14.5V オルターネーター、レギュレータともに問題無し。

エンジンoff、直後の電圧は13.17V 優秀です、あと明日の朝、一晩置いてどうなるか?


にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村


バッテリーあがりの原因は?

セルを押してる間、ヘッドライトは消えてる回路になっている国産車に対して、トライアンフはセル始動寺も点灯している。これが一気にバッテリー電圧を食ってる原因ではないかと推測する。
試しにヘッドライト球を外して電圧降下具合いを確認してみました。
まずヘッドライトを外す。充電完了後の無負荷の電圧は13.15Vです。

次の朝になりました。無負荷の電圧は12.94Vです。ひと晩で0.21V下がりました、外気温が0度付近まで下がってる影響でしょうか。メーカー推奨追加チャージ必要な12.7Vは切ってませんので、そのまま続行!

メインスイッチをオン、電圧は12.45V。電圧降下は0.49V。セル始動してみます、、、無事エンジンがかかり オッケーでした。
エンジン始動時には明らかにヘッドライトは切った方が良いと思われます。


にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村

ガレージ飯:焼き鳥&卵かけご飯

ガレージ遊びやってます。灯油ストーブを持込み暖をとりながら、ガスバーナーで飯を炊いて、みそ汁を作り、焼き鳥をソテーして昼飯を食べる。
12月になってキャンプやバイクで遊ぶ機会がないけど、その分ガレージで気分転換してる、って感じですかね。
まずブルーフレームのストーブを乗せる簡単な車輪の付いた台車を作ってガレージに暖房を追加しました。
バーナーとコッヘルはSOTO。味噌汁はシュラカップで直接 湯を沸かして作ります。
フライパンはジョイフル本田で購入した直結20cmのパール金属製。チビパンを大きくした形状で、直火にも良さげ、今後活躍しそうです。


にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村