エレクトラグライドと何処までも2

★to the ends of the earth ★ エレクトラグライドに乗り地球の果てまで走り続ける

FLHTパーツ ガレージセール

写真で使用している以下パーツをヤフオクで売却予定してます。先だってご希望が有ればご連絡下さい。市販価格の三割程度を希望してます。
RSDシート
バナナボード
エキパイ
マフラー
ファットボーイフェンダー

スポンサーサイト

かっこイイFLTR

いかにも走りそうな雰囲気たっぷり。ネットで拾ってきた写真だが、バガーカスタムとか、電飾系とか飾り物に走ったカスタムが多い中、走り屋風カスタム、またはクラブカスタムと言うべきか。

ラッチインサートDIY

反射板をほじって剥がし,代わりにドリリング加工したアルミ板を張り込む。反射板の黄色が無くなり、メタル感で統一される。

自家塗装 完成

写真ではそこそこですが、2回失敗してます。1回目は温度高すぎて、乾燥が早過ぎてゆず肌になった。二回目は湿度が高く白濁してしまった。その度に磨き直してます。
自宅で缶スプレーを綺麗にぬるには条件が狭く、塗装可能な日と自分の日程合わせが、一番の問題 の様です。
自家塗装で避けたい日:風の強い日、雨の日、午後3時以降(湿度が上がる)、暑い日、寒い日など。

ファットボーイフェンダー取付

缶スプレーで黒塗装して、一応120番で研磨したあとに、手磨きしてますが。しかし塗装は難しいです。近くで見るとゆず肌、ブツ、がまだ残ってます。とりあえず暫定、完成と言う事にして、一休み。数週間後に塗料の完全硬化後、 暇を見て再研磨と磨きにしましょう。

ファットボーイのフェンダーで遊ぶ

ヤフオクで中古品のファットボーイのFフェンダーを入手しました。とりあえず仮付けしてみると、見た目の軽快感はかなりのもの、これはいけるで、実際の操縦性への影響も大きいはずです。
あとは色塗りとスペーサの仕上げをしてから、本付けで完了予定です。




軽快なハンドリング目指して

FL系のモデルは、見た目よりは以外にもスポーティーな車体をしている。さらに走れるFLHTCを目指します、ほとんど使用しない補助灯を取っぱずします。

オーディオ、スピーカみ外せば、相当軽快のなるはず?と考えるも、音が出ている間はそのまま使います。

ヤフオクで拾ってきたHXの純正品を付けて完成です。見た目HXです
重心から遠い所、離れた重量物は回転慣性モーメントに効いて来ます。

理論空燃費の呪縛

久しぶりにインジェクションの設定を変更している。
理論空燃費はご存知と思うが、インジェクションをかまい始めてからずっと、エンジンにとってベストの空燃費が、この理論空燃費だと思いこんでいたのだ。
ハーレーの場合14.7を入力した領域をクローズドサーキットとして認識して処理してくれる、したがいセッティング変更もクローズドサーキットを重視した内容としてきた。結果、熱害は治らず、渋滞恐怖症、連休、夏バイク乗りたくない病に陥り。反動としてキャブ車BMW R100に走り、クロスカブに走っている原因なのである。
しからばである、キャブ車の一般的なエアフローを入力してはどうなるか?
アイドル、及び1250rpm 以下を12:1
中速から高速を13.5:1から13:1
全開を12.5:1
今のところ問題は無さそうだ、少なくともお股の熱々問題の解決策にはなった様だ。

写真はマフラー変更、バンスオーバルを艶消し黒塗装。ツアーケースを外した後に、荷台様にフラットバーを黒塗装して取付した。