FC2ブログ

エレクトラグライドと何処までも2

★to the ends of the earth ★ バイク乗りは地球の果てまで走り続ける

空き家問題

人口減少、核家族化による空き家の増加。それに起因する中古住宅価格の急激な下落。地方都市における中古住宅の相場は惨憺たるものである。
ご多聞に漏れず我が新潟の実家も空き家になり早9年目を迎えようと言うところだった。

ようやく売却が決まり、今日は不要物廃棄を行う。産廃業社に相見積もり取って安いほいうを選んでも50万円かかるのだ。

ダッフルバッグの中身はコット、寝袋、ガス調理器、ラーメン、ほとんど家キャンプ。

スポンサーサイト

白馬、日本海ルート

天気予報は晴れ。朝から乗り出した、長野県白馬付近、北アルプスはいつも神々しい、特に雪を羽織った姿が好きだ。
止まる場所は必要最小限、バイクに乗るととまらない。
次は日本海です、雪はさすがにない。晴れてはいるが海風は冷たい。



にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村

大洗ツーリングとポジション調整

大洗の漁協直営 かあちゃん食堂が人気だそうで、一度行かなくてはと思っていました。
行きは太田藪塚から大洗まで高速で移動、10:30には現地着。
二色丼を注文、新鮮かつボリューミーな丼をたいらげて、店外に出れば早くも人並の列が始まっていた。



前傾ポジションが逆流性胃炎の引き金となりやすい、楽な姿勢に調整したい。とは言え出来る範囲内となるとハンドルのクランプを緩め、角度をかち上げ気味に取付た程度であるのだが。。。
そうするとクラッチ、ブレーキホルダー取付調整も必要となる、とくにブレーキホルダーは位置決めダボが出ているのでハンドルに穴を追加して対応した。
改善されたような?これ以上はハンドル交換か?しばらく様子見ですね。



にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村

ガレージ飯:焼き鳥&卵かけご飯

ガレージ遊びやってます。灯油ストーブを持込み暖をとりながら、ガスバーナーで飯を炊いて、みそ汁を作り、焼き鳥をソテーして昼飯を食べる。
12月になってキャンプやバイクで遊ぶ機会がないけど、その分ガレージで気分転換してる、って感じですかね。
まずブルーフレームのストーブを乗せる簡単な車輪の付いた台車を作ってガレージに暖房を追加しました。
バーナーとコッヘルはSOTO。味噌汁はシュラカップで直接 湯を沸かして作ります。
フライパンはジョイフル本田で購入した直結20cmのパール金属製。チビパンを大きくした形状で、直火にも良さげ、今後活躍しそうです。


にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村

海と山を継なぐ者

ツーリングコースは北アルプスと並走し、そのまま日本海に出る、本州縦断して帰ってくるいつものコースである。
今日の北アルプスは雪を纏い、その上空の藍色はほとんど宇宙の色と一緒だ。雪のアルプスは孤高なのである。


鬼無里村はひと気が無くひっそりと冬を待つだけ。茅葺の民家にもひと気が無い。

日本海は北風が強かった。空の色も海の色もグレー、ひと気も色気もない。

スカイツリー

浅草で会食があり、時間もあったのでスカイツリーに登ってみようと云う話になった。
あいにく霞んで富士山は見えないが、霞んだ東京の街に太陽が反射して海原のように見えた。






平成20年北海道ロードスター旅、#2

引き続き、北海道旅日記#2。宿泊編
北海道上陸の初日に泊めていただいたKちゃんファミリー宅。ジンギスカンパーティの夜はふける。中3のご長女が畑で採れた枝豆をもいで茹でてご馳走してくれる、ステキなファミリーで、暖かいもてなしに感無量。

二日目キャンプ、サロマ湖キムアネップキャンプ場。無料。予定した女満別まで時間がかかるので急遽予定変更した。キムアネップとは細い岬の意味。普段は風が強く、蚊が多いよか漁船のエンジン音がコダマするらしいが、朝日と夕日は溜息ものである。

夕日のサロマ湖

朝焼けのサロマ湖

3日目 とうまわり民宿、羅臼

4日目 霧多布キャンプ場
今日も霧の霧多布、絶景を求めるライダーが集う。無料キャンプ場。

5日目 屈斜路原野YGH
スリーピングマットがパンクのためユースに変更した。屋根の下はよく寝れるよ。キャンプは1日おきにすべきだね。

6日目 富良野 星に手が届くキャンプ場
最終日はキャンプで締めたい!ホムセンで銀マットを購入してキャンプに臨む。有料キャンプ場。

平成20年北海道ロードスター旅、#1

思い出深い北海道の旅であった。
時系列は無視して、ランダムに、思い出す順番に写真を並べてみることにする。
#1道シリーズ。
三国峠

Kちゃんファミリーと待ち合わせした白樺並木道

知床半島の道道最終地点は相泊橋であった。
そこから先はヒグマとトドと野生動物の聖地、川幅1mたらずの相泊川には無数のカラフトマスが遡上している。


天に届く道。山の向こうまで真っ直ぐ。
北海道の内陸部では交差点曲がると、ひたすら真っ直ぐってパターン。

ケンとメリーの木

開陽台、地球が丸く見える。。。周りに高い建物がない!ってこと。北海道は高い所に上るとほとんど同じ感じ、地球が丸く見える。