エレクトラグライドと何処までも2

★to the ends of the earth ★ エレクトラグライドに乗り地球の果てまで走り続ける

w650にハレー用ウインカー取り付け

すでに一般的な手法にもなってる、ヴァレットタイプのウインカーは南海部品で購入する。つなぎカプラーもカワサキ用が販売されているので、電工プラグが無くてもok。



むかし乗ってたxl1200にもこの手のウインカーをつけていたが、トラディショナルにはトラディショナルの良さがある。

fc2blog_20130412065949e03.jpg

スポンサーサイト

w650のオイル交換はモチュールで

モチュール5100 、冬季ということで10-40wとした。
ハレーには純正オイルを入れつずけてきたので、カワサキには純正以外のオイルを試してみたくなったのだが、山ほどある銘柄から何を選ぶか、結構悩んだ末の結果である。
ちょっと走った感じは、ギヤはスコスコ入るし、上まで良く回る感じだ。
一番安かったのはヒロチーで1500円/クオート



w650に バーエンドミラー , リゾマSpy R 風

ミラーの直径74mm、ボディはアルミビレットの黒色アノダイズ仕上げとなる。
リゾマ社のSpy Rを参考にした中国製である。したがいお値段はお安い、1万円以下、はっきりしないのはサンプル品だからで、現在は量産品がウエブサイトに載っているので、興味があれば覗いてくれ。

fc2blog_20121231080132cb7.jpg

バーエンドミラーのいい所は、腕、肩が写り込まず、100パーセント後方視界に鏡面面積を使用出来るということ、つまり、ミラーを小さく出来るということなのである。
ハンドルバーから上に何も無いスッキリとしたスタイルに仕上げてくれる。



ハンドルバー自体は変わらないので、ライポジ自体は変わらないのだが、気分はかなり攻撃的、アグレッシブになる。利根川の土手で大脱走できそうな気分だ。

fc2blog_20121231075538f96.jpg

fc2blog_20121231075604b06.jpg

w650をチョッパーに

僕の新しい相棒、w650であるが、当然現状のノーマル状態も楽しみたいのだが、将来、ツーリング仕様に満足した時には、外せるものは全部取っ払い、シンプルなトラチョッパーみたなのを作ろうと思う。まー、60才定年後に、一年ぐらい車庫にこもるつもりだ。

僕がいいなと思うのは名古屋のモーターロックのこれ


fc2blog_201212282036250e9.jpg

ホンダ純正グリップヒータをW650に取付

何の違和感も無く、取り付けられた、ホンダ純正品のグリップヒータ。
ステンレスヒータの全巻タイプ、ハーレーに付けたヒートデーモンと比べ、速攻で熱くなる。


通常左側に着ける事を想定したコントローラーをアクセル側にとりつける。ナビと陣取り合戦の都合上しょうがないわなー。表示番が上下逆になるのはあきらめるしかない。
fc2blog_201212260205182af.jpg

イリジウム プラグ

W650用はデンソウのIU24となる。
プラグ一つでも、かなり変化する。2,000 から3,000で特に顕著である。排気音ははぎれが良くなる。細い電極が効いているようだ。加減速もかなり気持良い

峠の初雪



粕尾峠(かすおとうげ)は、栃木県鹿沼市(旧上都賀郡粟野町)から、同県日光市(旧上都賀郡足尾町)を結ぶ峠である。標高1100m。例年12月から3月にかけて積雪・凍結するため冬季の通行は注意が必要。
ウィキペディアからの拝借。
そのとおり、雪になっていた。


ムスタッシュ型泥除け

一つ前のハーレーに付けていた、手ずくりの泥除け、極厚の革にスタッドを打って作った物ある。ガビガビに日乾びてころがっていたのをお手入れして付けて見た、Wにも似合うじゃん。