FC2ブログ

エレクトラグライドと何処までも2

★to the ends of the earth ★ バイク乗りは地球の果てまで走り続ける

DIY バイク小屋の棚

合板を切ってネジ留めるだけなのでDIYと言うにはおこがましい気もするが、直角を出し、定寸の棚板を複数作ると言うのは木工の基本作業である。
直角、定寸カット、するためには丸ノコ用のスライド定規を使うが自作可能なので調べてほしい。
話はバイク小屋に棚に戻り、追加したのは(写真上)南入口上部と(写真下)北壁面。
これらに家内に散在していたバイクパーツ、DIY道具、ケミカルを移動収納した。

スポンサーサイト



DIY 作品:髭剃り用手鏡

バイクのバックミラーにアルミ板の取手を取付。
木材で鏡立てを作成した。
凸ミラーは顎の下側もよく見えるので髭剃りに重宝する。



にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村

染色 カーキ色でやり直し

前回 着なくなったジャンパーを黒で染め直すが、塩の量を間違えた話をした。
間違えたなりに薄カーキ色になったので、それはそれで結果オーライでいいじゃないかと思ったわけだが、洗濯するとどんどん色落ちして元のベージュ色に戻ってしまい結果アウトだったのである。
そこで今回はちゃんとしたオリーブグリーン色を購入して染め直してみた。染料は同じくダイロン。準備するのはお湯と塩だけ。

乾燥して仕上がった状態です、胸にトライアンフの小さなワッペンを追加した。色めと素材が合致していい感じに仕上がったのではと思う。


にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村

染色アソビ #2

今回はバイク用ジャンパー、サンド色をブラックにしようと思う。
ビフォー:それなりに着ている、バイク用 綿ジャンパー。

アフター:黒に近い紺 かな?
塩の分量は間違いなかったはず、、、染色は難しい。


にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村

染色アソビ #1

古くて着なくなったジャンパー、ブルゾン。自分で好きな色に染め直してみてはどうだろう?
生成りのスタンドカラーのジャンパー、もっさりしてオヤジくさくて着てない。
準備するもの、染色粉ダイロン、塩、お湯、ポリバケツ、ゴム手。今回はベルベットブラック色を購入した。

ビフォー、生成り色 薄でのジャンパー。

アフター、塩の量を間違えて黒とはほど遠い色になってしまった。。。
ミリタリージャケット風な仕上がりです、これはこれでよしとした。
教訓:染色は化学反応だ、分量は間違いなく!


にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村

ガレージ床を塗装する

それらしくなって来たガレージではある、次の作業はコンクリート床である。経年変化でカビ、オイル汚れタイヤ痕などで汚なくなって来たのを綺麗にしようという作戦である。
塗料選びが難しい!期待する仕上がりは、あくまで素のコンクリ表情。白だの緑の色付けは避けたい。
最終的にはカンペのハピオシール浸透性防水剤、となった。メーカーいわく色は透明、浸透性で効能として防カビ、防水、防食、汚れ防止となっている。

施工前:
ワイヤーブラシと高圧洗浄器でクリーニング済み。

施工後:
浸透し乾燥したら表面は施工前後で違いはほとんど分からない。逆に塗り残し部分の区別もつかないぐらい!
これで防カビ、防汚になるのか?不安。



にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村

ガレージ天国、扉が付いた

ビフォー、屋根だけの出入り口はオープンスタイル。

アフター、外壁材と補強用にツーバイ材を使い扉を自作した、観音開きの扉が付いた。


扉を付けてみると、そこそこの巾が有った事を再認識した、バイクのメンテぐらい十分。扉によりクローズされる事で、ぐっとガレージ感が増した。

ガレージ天国

快適なガレージライフを目指して改造をもくろむ。現状の入り口と購入した材料です。
開けっ放しのままだったのをふさいでドアを付ける。寒風対策、落ち葉ホコリが舞い込まない様にしたい。