エレクトラグライドと何処までも2

★to the ends of the earth ★ バイク乗りは地球の果てまで走り続ける

素敵なボンネビル /メッキ鉄リム

たっぷりと厚みのあるメッキが乗った鉄リムにスポークの組み合わせたホイールは今さらながらカッコイイ。しっとりして、今にも溶け出しそうなメッキの表情がいいね。
スタイルだけじゃないゾ、あえてスポークを選択する理由は何か、それはスチールパイプフレームとスポークホイールの組み合わせによる、角の取れた柔らかい乗心地が最高だからなのだ。


にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

グンマケン says... ""
883 さん

とにかくボンネビルの乗心地は柔らかいのです。
サスだけで吸収するのでなく、
フレーム、スポーク、サス、全体でバランスしている感じ。
無理に強度を上げていない。昔の日本のバイクに乗ってるような気さえします。
2018.06.20 07:13 | URL | #- [edit]
883 says... "そうそう"
そうそう、確かに柔らかいんですよね。

若い時分でしたが、近所のバイク屋で何も無いところから組み立てていたのを眺めていた事がありました。

又、当時乗っていたW1Sの鉄リムをアルミリムに変えて乗ったりしていました。明らかに鉄リムよりも軽快感が増したのが素人如きでも良く判りました。
2018.06.19 21:34 | URL | #mQop/nM. [edit]
グンマケン says... ""
Road king さん
同じ美意識を共有できる友人を持てることは幸せです。
2018.06.16 21:06 | URL | #- [edit]
roadking says... ""
写真で見ても質感の良さが伝わって来ますね。
さすがボンネ。

上質な輝きを放つ滑らかなクロムメッキを見ているだけで、思わず舐めたくなりそうですね😄(やはりヘンタイか)

このノスタルジックなスタイルのバイクにはスポークホイールのマッチングがマスト❣️
バイクの基本形だと思います。

2018.06.16 08:46 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://flhtflht.blog119.fc2.com/tb.php/1137-c094198f